Fusion 360で3D CADを始めよう

最近は3Dプリンターが普及してるのもあって3D CADを始めたいという人も多いのではないでしょうか?

私自身はAutodesk社の123D Designから入って、同社のFusion 360やInventor、SolidWorks社のSolidWorksなどを使用したことがありますが、個人的に1番しっくり来たのはFusion 360でした。

というわけで、今回はFusionを布教すべく使い方を簡単に解説したいと思います。

 

まずはインストール

インストールの解説は省きますので、インストールがまだの方は下のリンクからダウンロードしてみてください。

ちなみに通常版はかなり高かったと思うので、購入する前に一度無償体験版を触ってみるといいかと思います。なお、学生の方や教員の方は無料でダウンロードできますので、専用フォームから登録してみてください。

立方体を作ってみる!

まずは立方体を作りながら、Fusion 360の基本的な操作に慣れてもらおうと思います。

最初に視点の移動方法をご紹介します。

  • 視点移動:Shift + マウスホイール押しながらマウス移動
  • 平行移動:Ctrl + マウスホイール押しながらマウス移動
  • 拡大/縮小:マウスホイールを転がす

といった感じです。

ここに関しては基礎中の基礎なので、慣れておきましょう。

1.スケッチを作成

「スケッチを作成」を選択してください。

Fusion 360

2.平面を選択

ここで、今回立体を作る上での地面となる面を選択します。

今回は画像の灰色になっている部分を選択してください。

Fusion 360

3.2点指定の長方形

2点指定の長方形を選択します。

これは、1点目の位置を指定して、対角となる2点目の位置を決めて長方形を作るという方式です。

詳しくは次以降のステップでわかるかと思います。

Fusion 360

4.1点目を選択

「2点指定の長方形」を選択すると1点目を選択するモードになります。

今回は中心を1点目にしたいと思いますので、中心(中央の丸い記号の部分)をクリックしてください。

Fusion 360

5.辺の長さを指定

先程のクリック後にマウスを動かしてみると、長方形が作れると思います。

マウスを動かしてクリックすると長方形のサイズが確定するのですが、今回は数値を入力してみたいと思います。

今回は75㎜を一辺とするので、75㎜と入力してから TABキー で別の辺に移動して75㎜と入力してください。

75㎜ × 75㎜になったらEnterキー、もしくは左クリックをしてください。

Fusion 360

6.押し出し

押し出しを選択してください。

Fusion 360

7.スケッチを選択

先程作成した正方形を選択してください。

Fusion 360

8.押し出す

この「押し出し」とは、平面に描いた図形に入力した数値分厚みを作るというものです。

正方形に限らず、三角形や円、もっと複雑な図形でも押し出しは可能です。

押し出す長さを入力したら 「Enterキー」 もしくは 「OK」 を押してください。

Fusion 360

9.完成!

立方体の完成です。

Fusion 360

今使った、「スケッチ⇒押し出し」が基本的な流れになります。

 

穴をあけてみる

続いて先程の立方体に穴をあけてみたいと思います。

穴は円を使いたいと思います。

1.平面を選択

今回は立方体の上にスケッチを描きますので、「スケッチを作成」を選択して立方体の上の部分を選択します。

Fusion 360

2.中心と直径で指定した円

円のスケッチ方法は全部で5パターンもあるのですが、今回は「中心と直径で指定した円」を選びます。

Fusion 360

3.円の中心を決める

円の中心となる点を決めます。

今回は立方体の天面の中心の部分を円の中心とします。

中心を決めたら左クリックしてください。

Fusion 360

4.半径を指定する

今回半径は50㎜にします。

50㎜と入力したら Enterキー を押してください。

Fusion 360

5.押し出し

円を選択して押し出しを行います。

ただし、今回の値は -75㎜ になります。

+75㎜ですと立方体の上に円柱ができるのですが、-75㎜の場合は反対方向に円柱ができるので自動で切り取り操作になります。

Fusion 360

6.完成

これで穴が開きました!

Fusion 360

ざっとこんな感じです。

 

レンダリング

1.レンダリングに移動

左上のメニューからレンダリングを選択します。

Fusion 360

2.外観を選択

レンダリングに移動したら外観を選択します。

Fusion 360

3.図形に外観を追加

外観を選択すると外観のウィンドウが開くと思います。

外観のウィンドウから好きなマテリアルを選択して、マテリアルを変更したいボディにドラッグ&ドロップします。

ちなみに、今回は「プラスチック>不透明>プラスチック-マット黄色」を選択しました。

Fusion 360

以上で今回のFusion 360の基礎になります。

次回の記事には、実際にシャンプーのボトルを作ってみたいと思います!

次回の記事

 

今回のブログ曲

今回投稿中に聴いた曲はこちら。

カテゴリー: AutodeskFusion 360

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です