ラズパイのヘッドレスでC言語を使ってLチカ

さて、このブログでのラズパイ記事も3本目。

第一弾ではヘッドレスの環境構築、第二弾ではC言語でHello World

そして今回の第三弾は電子工作のHello WorldともいえるLチカをしちゃいます!

 

C言語ファイルを作成

まずは前回の要領でC言語ファイルを作成します。

細かい説明は前回の記事を参考にしてください。

これで c_code というディレクトリに main.c というファイルを作成しました。

これで完了!

 

コード入力

まずはコード

これは21番ピンを使ってLEDをチカチカさせるだけのプログラムです。

実用性は皆無ですが、マイコン系の基礎では誰もが通る道ですよね…

今回はwiringPiというライブラリを使用しているのですが、気づいた方も多いかもしれませんが、Arduinoの記述方法に似ていますね。

そのため、Arduino系のマイコンを触ったことある方はかなり使いやすいと思います。

 

実行

さて、実行してみましょう。

まずはコンパイルします。

前回の記事を読んでくださった方は、「gcc main.c」だけと思ったかもしれませんが、今回はかなり長いですね?

これは、wiringPiを参照するために、保存されているディレクトリを指定してあげているんです。

ここでエラーが出る場合は、

  • コピー&ペーストの失敗
  • wiringPiの入っている位置が違う
  • wiringPiがそもそも入っていない

のどれかだと思います。

wiringPiはraspbianであればデフォルトで入っていることが多いですが、入ってない可能性もありますので、その場合は調べてみてください!

 

電子回路を組む

といっても、抵抗とLEDを用意して、ブレッドボード上に組めばいいのですが…

今回は21番ピンを使用します。一番右下のピンですが、場所がわからない方は、Googleで「RaspberryPi ピン」と画像検索してもらえば、画像でわかると思います。

基本的にピンの位置を見るときは、LANポートやUSBポートのある側を下として見てください。

ピンの中の40番、GPIO21という場所がそうです。

配線は、GPIO21 ⇒ 抵抗 ⇒ LED ⇒ GND

という感じでつないでください。

抵抗は適当で大丈夫ですが、私は今回470Ωを使用したのでそちらを使用してもらえればOkです!

あと、GNDに関してはどこのモノを使ってもらっても構いません。

 

最後に実行

さて、最後に実行します。

これでLEDが0.5秒間隔でLEDが点滅するかと思います。

光らない場合は、プログラム部分や配線を見直してみてください!

 

今回のブログ曲

今回投稿中に聴いていた曲はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です