Arduino×NFCで遊んでみる

みんな大好きNFCを使った電子工作の入門です。

Arduino UNOとジャンパ数本とRFID-RC522を使用して、なんかしよう!って内容です。

因みに今回買ったのは、こちらの商品です。

2個セットでカードとかキーホルダー型のタグも付いてくるので、スターターセットって感じでちょうどいいです。

最初に配線方法

  • 8(Arduino)- LED – GND(Arduino)
  • 9(Arduino)- RST(RFID-RC522)
  • 10(Arduino)- SDA(RFID-RC522)
  • 11(Arduino)- MOSI(RFID-RC522)
  • 12(Arduino)- MISO(RFID-RC522)
  • 13(Arduino)- SCK(RFID-RC522)
  • 3.3V(Arduino)- 3.3V(RFID-RC522)
  • GND(Arduino)- GND(RFID-RC522)

LEDは抵抗を500Ω程度挟んでおくといいと思います。

面倒なので私は省略しましたが…

 

まずはソースコード

以下のコードをArduinoに書き込みます。

RSTとSDAのピンのみ指定しますが、他のピンはライブラリ側で指定されています。

詳しくは、こちらのPIN_LAYOUTからご覧ください。

 

NFCのUIDを確認

さて、上記のコードを書き込んでシリアルモニタを開いてください。

付属のNFCカードをかざすと、以下のようにシリアルモニタに表示されると思います。

中の数値等が多少違うのは全く問題ありません。

さて、ここで注目すべきは以下の行

この、部分がNFCタグのIDになります。

「XX XX XX XX」の部分をコピーしておきましょう。(長さや内容はタグによって変わります。)

 

UIDの登録

ソースコードの8行目の”XX XX XX XX”の部分に先程コピーしたUIDを貼り付けます。

これで登録完了です。

改めて書きこんでみましょう。

同じNFCカードをかざすとLEDが光るかと思います。

LEDの点滅処理部分に他の処理を入れることで、モータを動かして自動ロックを作ったりもできますね!

是非遊んでみてください!

 

参考にした記事

⇒【dotstudio,inc.】非接触ICタグで遊ぼう!ArduinoでRFIDリーダRC522を使う方法

 

今回のブログ曲

今回投稿中に聴いていた曲はこちら

カテゴリー: Arduino電子工作

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です