C言語で画像を二値化してみる

画像処理と言っていいのか怪しいくらい簡単な内容。

バイナリをとり出して閾値で判別して二値化するってだけの関数。

しかも今回使う画像はbmp。楽でしかない。

ちょうど制作中のプログラムに組み込む必要があったためついでに投稿します。

 

ソースコード

 

解説

引数として渡す値は以下の3つ

  • 変換前のファイルのパス
  • 変換後のファイルのパス
  • 二値化用の閾値

です。

今回は256色のbmpファイルしか使わないため、256色のみに対応させています。

閾値と二値化処理部分を少し変更したら16色や24bitのbmpファイルにも対応できるかと思います。

まぁ、一部特に必要のない機能も入っているので(一部パラメータ取得/表示等)その辺は欲しい方は利用して、要らない方は適当に抜かしてください。

参考にしたサイト

【バイナリファイル入門】Bitmapファイルを手書きで作って遊んでみる -Qiita

バイナリファイルの読み書き -Programming Place Plus

 

今回のブログ曲

今回投稿中に聴いていた曲はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です