ファイルのバイナリモードで読み込んで16進でダンプするだけのプログラム

全然関係ないけど、ヘックスダンプって響きがかっこいい。

「今朝はシャワー浴びてからヘックスダンプした」って言ったら多分モテる。

さて、ファイルの中身をヘックスダンプするC言語プログラムを書きました。

Linuxでなら、

とかで可能なことですが、色々とあって今回必要になったので、せっかく書いたついでに紹介しておきます。

 

余談ですが、ダンプって吐き出すとかって意味なんですね。

ファイルのバイナリデータを16進に変換して吐き出してるのがヘックスダンプってやつです。(ヘックスが16進を表すのは言うまでもなく)

 

ソースコード

 

解説

引数にはファイルのパスを入力してください。

fopenでオプションは”rb”(多分Read Binary)で読み込んでください。

基本的にwhile文で回しダンプします。

16byte吐き出すごとに先頭が何byte目かも表示します。

特に凝ったことはしてないので、気になることがあればTwitterででも聞いてみてください。

 

今回のブログ曲

今回投稿中に聴いていた曲はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です