nginxのmake時にエラーが発生する

nginx1.18.0 をCentOS上でmakeした際に以下のエラーが…

 

原因

switch文の case 毎の最終行にbreakがないというのが主な理由です。

これはgccの7以降からの仕様だそうです。

 

対処法

単にbreakの書き忘れなら付ければいいのですが、意図的に行いたい場合もありますよね。

その場合は、

を末尾に追加して、あえてbreakを書かないという旨を記載しておきます。

この方が可読性も向上して良いですね。

 

nginxの場合は、159行目から始まるcaseの末尾に以下のように入れます。

編集後、再びmakeをすると、問題なく通るかと思います。

 

今回のブログ曲

今回投稿中に聴いていた曲はこちら

カテゴリー: C++C言語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です